全国の武井壮ファンの皆様、こんにちは!武井壮にはお兄さんがいらっしゃったのですが、お兄さんも芸能界を目指されていたみたいで調べてみました!

武井壮には壮絶な幼少時代を共に過ごした兄、武井情がいた

武井壮と兄

(出典:https://twitter.com/sosotakei/status/391140843769581568)

百獣の王を自認し、どんな猛獣も倒すことが出来ると豪語する武井壮。おもしろいし、時折ツイートする言葉には考えさせられることも多いですね。

そんな武井壮ですが、武井壮をそんな武井壮にしたと言っても過言ではないような幼少期の辛い時代を共に過ごし、後に俳優を志した2つ上の兄、武井情がいたことをみなさんはご存知でしたでしょうか?「武井壮」に「武井情」と、兄弟らしい名前の共通した語感があります。

スポンサードリンク

武井壮、武井情、幼少時代に二人暮らし

東京都葛飾区出身の武井壮、武井情の兄弟は父親、母親との四人家族で暮らしていました。ある時両親の離婚で父親に引き取られた武井壮、武井情兄弟でしたが、その父親も外に別の女性との家庭を作って出て行ってしまいました。武井壮が小学生、武井情が中学生の頃です。兄弟の二人暮らしが始まりました。

俳優を志した兄、武井情

両親のいない暮しは、武井壮、武井情兄弟にある思いを抱かせたようです。褒めたりしてくれる両親がいないことで、誰かに認められたい、という強い気持ちです。
武井壮はその思いで陸上十種競技で活躍、後に芸能界で大ブレイクしましたね。

兄、武井情はどうであったのでしょう。
家庭を支えなくてはならないという思いもあって、武井情は中学卒業とともに俳優を志すべく俳優養成学校へ通いました。20歳になる頃にはCMやテレビドラマなどに出演する機会ももらえるようになってきました。そして、ある俳優の付き人をすることで生計を立てようとします。

ある俳優とは坂上忍です。
ある日知人の紹介で坂上忍の付き人となった武井情は、それぞれ25歳、22歳と歳が近かったこともあり、立場を超えて二人は親密になっていきます。坂上忍のいた野球チームに武井情を誘ったりしていたようです。

俳優を目指す武井情を襲った病魔

こんなふうに俳優の道を徐々に上がってゆく武井壮の兄、武井情でしたが、坂上忍の付き人となって間も無く小腸がんを宣告されてしまいました。若かったこともあってがんはみるみる進行し、23の頃には末期がんであることがわかります。

両親のいない武井情を気遣って坂上忍は病院の手配や、武井情にまだ元気がある時には野球に誘ったりしていたようです。

十種競技のスペシャリストとなっていた武井壮は、ヨーロッパ遠征する予定を、兄のそばにいた方が良いのではないかとの思いから出場の辞退を考えましたが、武井情から、やれるうちにやりたいことをやっておけ、がんばれ、との言葉をもらいヨーロッパへ旅立ちました。

武井壮がその大会で優勝を報告した一週間後、武井情は息を引き取りました。
武井壮も坂上忍も、この若くして死ななければならなかった武井情にただならぬ影響を受けているようです。兄の分まで、自分に残された時間を精一杯、などのモチベーションが武井壮らの活躍を支えているのでしょう。