武井壮ファンのみなさん、こんにちは!武井壮はよく自分の考えをアツいコメントとしてツイッターなどで発信していますね。いつもその言葉にいい意味で影響されるのですが、なかには批判する人もいて、その批判に対して冷静な反論もまた見ものだったりしますね

武井壮がオリンピック出場に挑戦!?

武井壮オリンピックコメント

(出典:http://www.huffingtonpost.jp/2015/08/16/takeiso_n_7995680.html)

百獣の王と自ら称し、あらゆる動物に勝つにはどうしたら良いのかを日々考え続けている武井壮が、今度はとあるテレビ番組で2020年に開催される東京オリンピックに出演するぞと息巻いています。武井壮がここまで自分に自信が持てるのは彼がこれまでにそれなりのアスリートとしてのキャリアを重ねてきているからです。

東京都葛飾区出身の武井壮は地元の中高一貫校で野球(一年生でレギュラー)、ボクシングに取り組み、中学時代に出会った友人(中学生の頃に100メートルを10秒台で走っていた男)に、大学では陸上部に入れと強く勧められました。神戸学院大学に進学した武井壮はその通りに陸上部に入部すると、最初に計測した100メートル走で10秒台をマークし、周囲を驚かせました。

十種競技に種目を絞るようになると色々な大会で優勝をさらうようになります。彼の十種競技における当時の100メートル走の日本新記録は2015年になるまで破られないほどの記録でした。

そろそろオリンピックが見えてきましたか?いや、まだです。

十種競技で日本を制した武井壮は違う競技に手を出します。それがなんとゴルフで、未経験のままテストを受けに行ったらすんなり合格し、アメリカへ4年間のゴルフ修行へ行っています。

日本へ帰ると台湾のプロ野球チームからオファーを受けてコーチに就任しています。ここでは彼は主に体幹の大切さ、ボディコントロールなど、いろいろなスポーツに共通して大切なことを教えていたようです。

スポンサードリンク

武井壮のオリンピック出場宣言と批判コメント

そろそろ見えてきましたね、オリンピック。武井壮は陸上競技だけでなく(もちろん動物との戦い方も)、様々なスポーツでその力を発揮してきました。十種競技にしてもそれ自体が多種目に渡ってこなしていかなければならないのですから、その基本となる身体能力がもとめられるわけです。

武井壮がオリンピックで狙うと言っている種目はセーリングと近代五種です。セーリングは少し冗談ぽい発言だったのですが、近代五種に関しては上記のキャリアを見ると本気度がうかがえませんか?

しかし、このオリンピック出場宣言に対してはそれを非難するコメントも少なからずあったようです。本気でやっている人達に失礼だ、などのコメントでした。

武井壮のオリンピック出場宣言に対する批判コメントに対する武井壮のコメント

武井壮はこういった非難のコメントに対してツイッターなどで反論のコメントをしています。

自分も本気なのだから自分に対しても失礼だろう。誰よりも本気だから誰よりも可能性がある、と。

あなたは互いのコメントについてどう思いますか?